お電話からのお問い合わせ メールでのお問い合わせ
> まるごとHPについて > ホームページ制作に最低限用意するべきもの5選
ホームページ制作に最低限用意するべきもの5選

ホームページ制作を依頼するときは、最低限これは用意しよう!
思い通りのホームページを作る為に、最低限必要なものを厳選しました!

①コンセプトや方向性

ホームページ制作以前に営業をするにあたり必要な事でが、意外とあいまいな方が多くいらっしゃいます。

サービスの価格帯は?ターゲットの職業は?ターゲットは何歳くらいなのか?利用ピーク時の時間帯はいつを想定しているのか?

「ホームページデザインのコンセプト」という事はもちろん、お店のコンセプトや方向性によって、利用者のペルソナ(ユーザーモデル)が見えてきます。

実際にページを見る人の事を意識したホームページを制作をする為にも、コンセプトや方向性、それに付随する様々なデータを想定しておく事が必要です。

②ホームページにおけるゴールの設定

あなたは、あなたのホームページを見るユーザーに何をして欲しいのでしょうか。

電話をかけてきてほしい。ホームページをブックマークして定期的に見てほしい。アンケートに答えてほしい。フォームから予約をしてほしい。 電話をかけてきてほしい。ホームページをブックマークして定期的に見てほしい。アンケートに答えてほしい。フォームから予約をしてほしい。

ユーザーがホームページを通して行うアクションはひとつではありません。
ホームページのどこをゴール地点とするのかにより、ホームページの内容や構成が変わってきますので、ホームページ制作前にゴールを明確にしておく事が必要です。

③厳選した必要な機能一覧

「面白いから」「かっこいいから」という理由で必要のない機能を設置してはいませんか?

不要なコンテンツの氾濫はホームページ全体を複雑にし、ユーザーを迷路に迷い込ませてしまいます。

ユーザーをホームページのゴールへたどりつかせる為に必要な機能を厳選してホームページに設置することが必要です。とはいえ、簡素なページというのも見ていて飽きるもの。

「どうしたらユーザーが飽きずにホームページを閲覧してくれるか。」
「どうしたらユーザーをホームページ内のゴールまで導けるか。」


ユーザー目線で、ホームページに設置する機能を選定しておきましょう。

④デザインの方向性(イメージ)

ポップなデザインにするか、清潔感のあるデザインにするかなど、およその方向性を決めておきましょう。

デザインの方向性

「おまかせで何個か草案を作ってよ。」という依頼をしては、思い通りのホームページの完成までに手間が掛かってしまいます。
無駄なコストを減らす為にも、「こういった雰囲気にしたい」「見やすいページにして欲しい」「重厚感のあるページにしたい」など、イメージはまとめておきましょう。

⑤希望ドメイン

URLとなる「ドメイン」
URLとは、インターネット上の住所のようなもの。後で簡単に変更する事ができませんので、気に入ったURLとなるよう、希望のドメインを考えておきましょう。

http://www.○○○○○.com

ドメイン
メールでお問い合わせ お電話でお問い合わせ050-3449-0106
戻る