お電話からのお問い合わせ メールでのお問い合わせ
> まるごとHPについて > 「SSL」の導入について
ホームページ、信用されていますか?「SSL」の導入について

危険なサイトと思われたくない方!
信頼できるサイトに最低限必要なものが「SSL」です。



< 目 次 >
1.SSLとは?
  1.1 HTTPとは
  1.2 SSLとは

2.SSLが必要な理由
  2.1 WEBサイトの訪問者を守るため
  2.2 検索順位への影響

3.SSL導入
  3.1 SSL導入は難しい
  3.2 SSL導入の費用について

4.よくある質問

5.まとめ


SSLをネットで検索すると「暗号化」だったり「証明書」といったワードが出てきますが、ホームページとの関わりはどのようなものなのでしょうか。
また、自分のサイトには関係ないものなのでしょうか。
今回、SSL導入について説明いたします。


1.SSLとは?

SSLを語る前に、まずは「HTTP(通信手段)」を知っておく必要があります。
なぜなら、SSLとはWEBサイトの通信手段に関係するものだからです。


1.1 HTTPとは

HTTPとは、WEBサイトを見る時の”ルール””手段”のこと。

「私の画面に、このページを表示しなさい」と、ブラウザへ命令するのがこのHTTPです。

実は、このHTTPには、セキュリティ機能がありません。

なので、たとえば、自分の住所や連絡先を入力して送信した場合、誰かに情報が漏れてしまう可能性があります。

そこでこのHTTPを使って、”鍵をかけてページを表示しなさい”、と命令する時に使用するのが、SSLになります。


1.2 SSLとは

SSLとは簡単に言うと「WEBサイトに鍵をかけて、安全にするもの」です。
先ほど登場したHTTPでの通信手段に、SSLというセキュリティ技術を組み合わせることで、WEBサイトの安全性を向上させることができるのです。

このSSLを使った通信は、”SSL通信”と呼ばれており、身近な場所で使用されています。

たとえば、Yahoo!にログインするときにも、URLの先頭には「https」となっており、それは「SSL」を使いますよというサインになります。

2.SSLが必要な理由

SSLを導入する理由は、WEBサイトを安全にするためだけではありません。
検索エンジン最大手のGoogleが推奨している考えでもあるのです。


2.1 WEBサイトの訪問者を守るため

SSLはWEBサイトを安全にすると説明しましたが、厳密には、WEBサイトの訪問者を守るものです。

今、インターネットを利用する多くの人たちが、生年月日や住所、クレジットカードの番号など、大切な情報を送信しているかと思いますが、SSLでは、このような情報のやり取りを暗号化します。

WEBサイトの管理者として、訪問者の個人情報を守ることは、最低限の義務でもあると言えるのではないでしょうか。


2.2 検索順位への影響

まず、WEBページには順位があります。

皆さんも、Yahoo!やGoogleといったサイトから、いろいろな言葉を入力し、WEBサイトを閲覧されているかと思いますが、表示されるWEBサイトは、ランダムに、どれでも良いページが表示されているわけではないのです。

世の中に存在するWEBページにはすべて、点数があり、その点数が高いページから表示されています。

そしてその点数は、GoogleやYahoo!といった検索エンジンが決めています。

つまり、Googleなどが定める採点基準に沿って作られたものが、より高い順位を得られるのです。

2015年12月、Googleは「SSL化されたページを検索結果で優遇する」と発表しました。
これは、SSL化されているサイトとの差がより強化されていくということです。

WEBサイトを安全にすることが必須となるよう、わざわざ優遇する採点基準が公開されているのです。

3.SSL導入

実際にどのようにSSLを導入するのかを説明します。


3.1 SSL導入は難しい

SSLを導入するのは簡単ではありません。

WEBサイトを安全にするための設定なので、信頼できるサイトかどうかの証明をするために、運営者の実在性などを確認し、その証明書を発行する必要があります。

また、その証明書は認証レベルの違いによって、「ドメイン認証」「企業実在認証」「EV認証」の3種類に分類され、それぞれ申請方法が異なります。

このような証明書の発行や認証、そして設定などの手続きを素人が行うことは難しく、技術的なトラブルを避ける為にも、WEBサイトの専門知識がある方にお願いする方が良いでしょう。


3.2 SSL導入の費用について

SSLを導入するには、お金がかかります。

高いサービスを利用すると、証明書を発行するだけで年間10万円ほどかかる場合がありますが、利用するサービスによって、いろいろな価格帯があります。

この料金の差は、審査の厳しさによって変わります。

証明書が、①誰でも取得できるものなのか、②企業や団体のみが取得できるものなのか、③審査が最も厳しいものなのかなど、SSLの証明書によって、価格に差があるのです。

自分にはどの手続きが必要なのか、そのWEBサイトに合ったSSLの導入が必要となります。

4.よくある質問

①SSLを導入しないとどうなるの?
個人情報流出などネット犯罪危険性が高まります。

②SSLの導入さえすれば、絶対安全なの?
100%情報を保護できるものではありませんが、危険性を低減させる標準技術として推奨されています。

③導入したときのデメリットはないの?
料金がかかることや、通信速度が若干遅くなるなどのデメリットもありますが、危険性を低減することや、サイトの信用性に関わる手続きとなりますので、導入が推奨されています。

5.まとめ

・SSLはWEBサイトを安全にするもの
・GoogleがSSL化されたサイトを優遇すると発表している
・導入の設定は難しいので、専門知識のある人にやってもらう方がいい
・導入するにはお金がかかる
・デメリットもあるが、導入することが推奨されている


以上、SSLに関する情報を書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

[記事公開日]2017.11.21

メールでお問い合わせ お電話でお問い合わせ050-3449-0106
戻る