[更新日時]

CMSって本当は何?

本当はここまで便利だった!良さを理解する事で真価を発揮するCMS

そもそも…CMSってなんだっけ?

日本でも2005年頃から流行り始めたブログを契機にだんだん浸透し始めたCMS。
アメブロやライブドアブログ、FC2ブログなどちょうどこの頃から知り合いでも使い始めている人が増えてきました。
今日、それらCMSと連携するSNSなども発展しており、CMSをいつのまにか使用している方も多いのではないでしょうか。

業種問わずHPが欲しいけどカスタマイズもおこないたいなら汎用的なWordpress
通販サイトで決まったものを販売したいという目的であればEC-CUBE

それ以外にも多種多様にありますが、時代はさらに進んでおり、業種別に特化したCMSが増えており、デリヘルやメンズエステなど風俗用のホームページも同様です。

まずはじめに、意外と勘違いしやすい点や、詳しく知らない方向けに、簡単にご説明しておきましょう。

CMSとはコンテンツ マネジメント システム
(Contents Management System)の略です。


つまり、(WEBサイトにある)コンテンツを管理するツールなのです。
CMSの事を「WEBサイト更新ツール」だと思っている方が意外と多いのですが、それはCMSを利用して出来る事のひとつであり、それが本質ではありません。
おそらく、CMSを利用してホームページの管理を始めるより前に、SNSやブログの様なもので管理画面の操作に慣れてきた方が多いからだと思います。

じゃあCMSって本当は何?

CMSはその名のとおり「コンテンツの管理」が出来るので、単に記事更新のみにとどまらず、ホームページにコンテンツを追加する事や、コンテンツを差し替える事、レイアウトを変更するなど、様々な事が可能です。

本質

しかし、ホームページのコンテンツ管理については、各社のCMSにより出来る事にバラつきがあります。
といいますのも業種が同じでも業態が違えば、売り方も商品管理の方法も異なるように、各CMSサービスのコンセプトや、ホームページ運営者ごとに、必要なコンテンツや要望が違うからです。デリヘルであればキャストのプロフィールや出勤スケジュール、ニュースやイベントの更新は日々の業務に必要ですね。これが業種が変わることにより、プラスの機能が多く汎用性がある為に値段が上がってしまったり、簡単に編集できるようにする為に機能に制限がかかってしまったりすることもあります。
様々な業種に対応するようなWordpressですと、プログラムに詳しい方以外には不向きとなってしまう理由もそこから来ています。
汎用的なメリットが逆にデメリットに繋がるということです。
風俗であれば多くの店舗が利用するような風俗店用のCMSを選択することが失敗が少なくて済みます

CMSとの上手な付き合い方

CMSについてはなんとなくどんなものか雰囲気はつかんでいただけたと思います。
それが解ったところで、今までホームページの管理画面から、キャストの出勤登録、ニュース記事やイベント更新くらいしかやれていなかったのに「他に何ができるんだろう」と思う事でしょう。

安心しててください、CMSは単なるツールでしかありません。

どういった家を作るか決まっていないのに、どんなに立派な道具を揃えても意味が無いのと同じく、これからデリヘルを運営するといっただけの方向性しか決まっていないのに、どんなに良いCMSを利用したところで、集客が見込めるホームページにはなりません。

今後のホームページ

まずは今のホームページに必要なものは何か、また不要なものは無いか、見にくくはなっていないか等、閲覧者の目線で見定めましょう。そして方向性が決定したら現在のCMSサービスでそれが実現可能か確認しましょう

もし今のCMSサービスで要望が満たされないのであれば、プランの変更や、サービス自体の変更も検討しましょう。

風俗専用のCMSサービス

まるごとホームページでは、作成したページ内容を店舗側で簡単に管理を行えるように専用管理画面(コントロールパネル)をご用意しております。

この管理画面を使用することで女の子プロフィールや出勤時間、店舗情報や求人情報など変更したい箇所を簡単に管理画面上で修正・更新することができます。

今では簡単に更新できるシステムが整っておりますが、世間一般ではWEBコンテンツのテキストやレイアウト、イメージ画像等を更新するだけでも非常に多くの時間がかかっておりました。

具体的にはホームページの内容(文字や画像、レイアウト)を一箇所替えるだけでも

対象ファイルを修正して保存 対象ファイルをサーバーにアップ WEB上で確認を行う

というようにCMS以外にもファイル更新や、FTPアップに時間がかかる面倒なフローが必ず発生。
一ヶ所を変更するだけで毎回この作業をおこなわなければなりません。

ホームページを作るにもHTML(HyperText Markup Language=ハイパー テキスト マークアップ ラングエージ)CSS(Cascading Style Sheet=カスケーディング スタイル シート)JavaScript(動作)といったパソコン専門知識が必要で、ウェブ制作会社に依頼をかけたり、自社でシステム管理者を用意したりと経費がかさむのが一般的でした。

これを一新したのがCMS(コンテンツマネージメントシステム)と呼ばれているシステムであり誰でも簡単にページ更新を可能にしたり、高機能の仕組みを扱えたりと時代のニーズにあった画期的なサービスが登場いたしました。

CMS

まるごとHPでは、デリヘル以外にもピンサロ・ソープランドのほかにもメンズエステやキャバクラの営業しやすい機能を取り揃えております。
運営者様のWEBの知識に合わせ、テキストエディタを使用してのページ作成と、HTMLコーディングをしてのページ作成のどちらにも対応しております。
また、風俗運営がしやすいよう、管理画面の「わかりやすさ」にもこだわっており、操作性の向上や新機能の追加を随時おこなっております。
多数のお店にご利用いただけていることで、要望をいただくことが本当に多いです。
開発実績は、本サイト上部の「新着情報」をご覧いただければわかると思います。

利用者が多いCMS = 沢山の要望が詰まった機能豊富なCMS

HTMLHTML

Htmlは、ホームページ(Web Site)を作成するにあたりページ構造を管理する基本のマークアップ言語。英語で次のような専用タグを使うので理解するには多少の勉強が必要、<a>や<p>、<img>などホームページ上で右クリックから「ページのソースを表示」で確認が行えます。

CSSCSS

CSSは、ウェブページの装飾デザインを指定することができるスタイルシート言語の一種。文字や画像、レイアウトの変更を行えます。
※他にも「DSSSL=document style semantics and specification language」や「XSL=extensible stylesheet language」というスタイル言語などがいくつかありますが一般的にCSSが使われているので通常スタイルシートといえばCSSを指すことが多い。

JavaScriptJavaScript

JavaScriptとは、ウェブサイトに特殊な動きを加えるプログラムで使われます。20年以上前の静的なサイトではなく、便利な動きのあるサイトがあるのはプログラムのおかげです。画像がポップアップしたり、文字が拡大したり降ってきたりはわかりやすいですが、バックエンドで見た目ではわからない物もあります。

メールでお問い合わせ お電話でお問い合わせ050-3449-0106
戻る